「ロミアス 2回目」

【 後編 】

本物の実物を見た事が無いから1回目に作ったのがほんとに成功品なのかわからなかったけれど、
お菓子作りがセミプロなお仲間達やお菓子の先生にも褒めてもらえたから
この出来で成功らしい(笑)  ラシイ ッテ・・

普通の使い捨てオーブンペーパーで焼いたで~
クッキーをシルパットやシルパンで焼く人も多いけど、ちゃんと生地作りが出来ていれば
仕上がりや食感に特に差は出なかったよ~
実験済みでございます(爆)

昔はそんな便利な物は無かったしね(笑)
ま、適当に作ってもシルパットやシルパンが助けてくれるから多くの人が使うのかね!?
私にはよくわからん(笑)

2時間弱で作れる超時短の層たっぷりなクロワッサンが作りたくて1回だけパンを習った所の
先生でも そんなのは使わない~ って、言ってたし使わなかったな~ 
こうやって焼くと良いよ!って、なるほどな焼き方も習ったのが色んな事に役立ってるワタクシ。
パン屋さんはそんなんいちいち使ってたら仕事の効率が悪いよな~(笑)
で、超時短で出来るのに復習していないクロワッサン(爆)
1個2個食べたら満足なんで買っちゃいます!
好きなカイザーの大きなクロワッサンを2個食べたら超満足するもん!(≧∇≦)

e0382369_21564244.jpg

またいつもの脱線・・(^o^;)



ど~よ ♪ ど~よ ♪


e0382369_22380305.jpg



2回目でも特に失敗は無し!
1個、溶岩が流れ出したみたいに溢れたけど~
キャラメルを入れる量も1回目よりは増やしたけれど、コレが限界量やわ。
画像ではぺちゃんこで少なそうに見えるけど、焼いている最中はボコボコグラグラと沸き立つマグマみたい。
溢れないか心配だったけど、1個以外はギリギリセーフ ♪

私、ロミアスは得意かも~!?



出来上がったのは20枚くらいだったかな?
ジプロックのは前日に焼いた1回目の~

e0382369_22385121.jpg




前日のもあるし、こんな恐ろしい高カロリーのクッキーが大量に家にあっても食べないので
差し上げるのにラッピング。

e0382369_22392028.jpg




本家のロミアスは薄く作るのが良しとされているみたい。
なので絞りも薄くなるやり方をチョイス。
キャラメルも薄い方が美味しいと思う。
けど、薄いと穴が開いて出来上がる危険があるよ~

e0382369_21583551.jpg



溢れてまっせ〰!

e0382369_22395318.jpg



多くの人が絞りに悪戦苦闘し、上手く絞れない、絞り袋が裂けた、ってのがお困り項目らしい。
多くの方はお高い絞り袋使用みたい。
因みに私は道具屋筋で買った使い捨てビニールの絞り袋使用。
50枚とか100枚入っているやつ。

それを、いちお~ 保険で口金付近のとこを布ガムテープで補強はしておいた。


※ 上手く絞れない 

コレ、取りあえず自分の手に感覚を覚えさせる為にマッシュポテトで練習するのをお勧めする。


※ 絞り袋が裂けた 

出来上がった生地全量を絞り袋に1度に入れない事!
量が多くなれば絞り出すのにかなりの力をかけないといけなくなるから袋が裂ける悲しい事に・・

因みに私は藤野さんレシピの半量で作ったので全量を絞り袋に入れても大した力も要らず
スムーズに絞れたけど、コレで使い捨てビニールの絞り袋が裂けたりするのなら
生地の仕上がりが固いと思うよ!
模様もひび割れたみたいになり綺麗に出ないのでは?
ちょうど良い状態の生地でも大量に絞り袋に入れたら力も要るし、均等な形には絞りにくいかと~
で、裂けるかも~



絞りの最大の成功へのポイントとしては
どんな生地を作ったかが最重要!

温度管理をして固過ぎず柔らか過ぎずの最終生地を作って少なめの生地を絞り袋に入れたら
問題なく絞れると思う。

あちこちのロミアスを作った方の記事を読んでも生地作りはサラッと書いてあるだけだったな~
私はヴィエノワを焼きまくってきたから絞り出しクッキーの生地作りもかなり研究した(笑)
ヴィエノワって、シンプルだからほんとに美味しく作るのはなかなか難しいと思ったクッキー。
だから研究したくなったのかも~  アホ アホ アホ 〰!

研究結果によると、製法も、混ぜもだけど、使うバターと小麦粉の種類の組合せで
かなり食感が変わるのが絞り出しクッキー。
舌の根元でネチャつき張り付いたようになるのが嫌いだから、食べ終わるまで
サラサラとした食感になるように研究した~
売っている色んなクッキーでもほとんど舌の根元でネチャつくから買わなくなって
研究したのであ~る。
絞り出しクッキーって誰でも作れるけれどそれが美味しいかは ??? やねぇ(悪笑)

ヴィエノワの生地作りが温度管理も含めてちゃんと出来ていたらロミアス絞り出しも
難なく出来るはず。
ヴィエノワが美味しく綺麗に作れないのにいきなりロミアスを焼くのは失敗の元と思うわ。
バター少なめで小麦粉多めのヴィエノワレシピなら簡単やろな(笑)  イイタイ ホウダイ ヤナ~(ーー;)
それ、やっぱり私は美味しいとは思わないけど・・

私、アホみたいにヴィエノワ焼きまくってきて、それがロミアスで役立つとは思わなかったよ~



※ 絞りの注意点

どちらも同じ絞り袋から出た生地。
絞り始めの頃の物と絞り終わりの頃の物。
絞り終わりの頃の生地って、生地を口金の方に向かって何度かしごくでしょ!?
それで生地が痛んだのと、だれてきてるのと手の熱や室温が伝わるとこうなる。
私は手の熱が伝わらない工夫をしているのでコレは室温と、しごいて生地がだれたせいですな~

e0382369_22401972.jpg


左の絞り終わり2~3枚だけ1部分ピシッとしたエッジにならずにソフトに・・
絞った時からそんな感じだったわ(´Д` )
しごく事を少なくする為にも 最初から絞り袋に大量に入れちゃ~ イカンです!
ま、あんなこんな苦労を回避したければバター量少なめで小麦粉量の多めレシピにしたら
見映えだけは良く出来ると思うけどね・・
美味しくないと思うわ(笑) マタ イッテル ワ、シツコイ~


能書きと講釈が多すぎてわかりにくいな~(爆)



※ 生地

温度管理をして製作し固くもなく柔らかくもない最終生地を作る。絞り袋には大量に入れない。


※ 絞り袋

使い捨てビニールので良い。
保険で口金付近を布ガムテープで補強しておく。


※ 絞りポイント

多くの方が絞り終わって口金を生地から離そうとするけれど引っ付いて離れないらしいけど・・
1回1回、口金の回りを綺麗に拭いて絞ればそんなに苦労せずに離れるよ~
良い方法かと思われるアイデアを思いついているので、次回絞ってみて上手くいけばここに後日追記しますです。


こんな感じかなぁ~ 
これらの注意点を気を付ければ成功への道はまっしぐらかと~ ♪


2018.4.18 記





[PR]

by saucekko2 | 2018-04-19 23:50 | お菓子 | Comments(0)